あなたに伝えたい、世の中を生きやすくするために

ひとりのろう者からあなたへ

ろう者として生まれて感じた社会の壁と合理的配慮とは

あなたは誤解してる ~話せる人は聞こえるということの誤解~

 

https://fydrnq.dm2302.livefilestore.com/y4mglfMAHDIfmKGIzo2L_TSwSeGgiU3uyKJViO4sw4uzGso0BvGNEPORtsxLxvzWw82G4ObrLL8xgGCQ-nC4MY8L1gkeGYzSrKbD81SYdJAcaOZ1eJH2eFDDlSSEQuH1bmrL9sZ4E9ISEMSKpCpGN28g5ZNea_NA7__nHGUiAT6tu4zaeVVMpnO6v_rebr0negVdVtAWJ2VFBd6tfbxyASGPQ?width=1200&height=630&cropmode=none

こんにちは。

ここでは、聴覚障害について聞こえる人が特に誤解しやすいことについてまとめていきます。

 

聞こえる人と聞こえない人が交流していく中で特に多い誤解があります。

それが「話せる=聞こえる」という誤解。

 

これ本当に多いのですが、例えば聞こえない人で発音がうまい人がいるとします。

そしてその人が聞こえる人と話すとき、あらかじめ自分は聞こえないのだということを伝えてあっても、

 

「そんなこと言ったって、しゃべれるんだから聞こえてるんでしょ」

 

と言われ、普通に話しかけられてしまい困る。。。

ということ。

 

これはなぜ起こるのか少し考えてみました。

 

聞こえる人たちに多い思い込み

 

まず、聞こえる人たちに多い思い込みは[ 聞こえない = しゃべれない ]ということ。

これは昔の「ろうあ者」という言葉のイメージ、つまり、ろうあ者=耳が聞こえず話すこともできない人、というイメージから来ているのではと思います。

 

でも実際は聞こえない=しゃべれないのではなく、

 

聞こえないけどしゃべれる AND しゃべれるけど聞こえない

 

という人もいるのだということがまだまだ知られてない、ということ。

 

そのため、聞こえないけどしゃべれる人もいるのだということが思い付かない。

そこからそういう誤解が生まれてくるのではないか?と考えました。

 

話せる=聞こえるという誤解が生む弊害とは

 

ではこの誤解がどういう弊害を生んでいるのかを考えてみましょう。

 

これは私の友人の例なのですが、

 

筆談を拒否される

→聞こえないって言ったって、しゃべれるんだから少しは聞こえるんでしょ?と言われ筆談を拒否される

 

聞こえないということ自体を信じてもらえない

→だいたいにおいて発音がうまい人は聴力が軽い(障害が軽い)人が多いため、それで聞こえないと言っても嘘を言ってると思われたり「聞こえてるはずなのに聞こえないふりをしている」「聞こえてるはずなのに無視した」と思われたりする

 

どれくらい聞こえないのかが伝わりにくい

→聞こえない、というのは分かってくれているけど、どのくらい聞こえないのかなどが伝わりにくく、そのため最初はゆっくり話してくれてても徐々に普通の速度になってしまい結局分からなくなったりする

 

。。などなど。

 

そのため、そういう誤解を受けやすい立場の方々からは

 

「もうはっきりと聞こえない方がよかった」

「補聴器をつけるのをやめて、最初から声も消してずっと筆談だけにした方が逆に楽かも」

 

などなど、困っている声が多く出ています。

 

実際に、本当はしゃべれてもそういう誤解を受けないために、聞こえる人には最初から声を出さずに筆談で通している人もちらほらいます。

 

では、こういう問題をなくしていくためにはどうしたら良いのでしょう?

 

誤解をなくすために

 

これはなかなか難しい問題です。

やはりまず一番大事なことは、[知ってもらうこと]それしかないかもしれません。

 

では、知ってもらうためにはどうしたらいいのか?

 

自分で自分のことを正しく理解する

 

まず自分自身がどういう風に困るのか、また、どういう風にしてほしいのかを正しく理解すること。

これができてはじめて、他人に自分のことを説明し分かってもらうことができます。

 

ただやはり、説明しても分かってくれない人は多いでしょう。

でも、「分かってくれない」と諦めてしまわないこと。

 

諦めたらそこで試合終了!なのです(スラムダンクの安西先生風に)

 

分からないことを分からないままにしない

 

これは聞こえない人に多いのですが、相手の言うことが分からなくなっても面倒くさくて「分かったふり」をしてしまうこと。

これがあるから、相手はどうしても「やっぱり聞こえてるんだ」「このくらい早口でも大丈夫ってことかな」と思ってしまうのです。

そしてだんだんすれ違いが大きくなっていってしまうのです。

なので、面倒くさくても分からないときはその都度、分からないということを伝えていくのも大事です。

 するとやがては「あ、今の話し方だと聞こえづらいんだな」「今の速度だと口の読み取りが難しいんだな」などということが相手にも伝わるでしょう。

 

しかし、聞こえない人だけが注意しても、しつこいようですが聞こえる人も変わらないといけません。

 次からは、聞こえる人が気を付けるべきことを書いていきます。

 

思い込みを捨てる

 

思い込みを捨てる。それはつまり、素直になるということでもあります。

素直に相手の困っていることに耳を傾け、

 

「そんなこと言ったってどうせ聞こえるんでしょ」

「同情を引きたくて大袈裟に言ってるだけじゃないの?」

 

なんて思わず、

 

「なるほど、しゃべれてても聞こえてるわけじゃないんだね」

「こういうことに困るんだね」

 

など、素直に耳を傾け、その上で「こうしてほしい」と言われたらそのままそれを実行に移してほしいのです。

もちろん、過剰な要求は全部受け入れる必要はないのですが、それでも相手が「聞こえないからゆっくり話してほしい」と言ってくればその通りにゆっくり話してほしいし、また、相手が「紙に書いてほしい」と言ってきたなら紙に書いてほしいのです。

 

ベストな方法は当人が決めること

 

コミュニケーションにおいて一番やりやすいやり方というのは、当事者が決めることです。

 

聞こえる人が自分の都合で、例えば

「筆談が面倒くさいから」

「口を大きく開けて話すのは恥ずかしい」

などいう理由で聞こえない人とのコミュニケーション方法を制限するということはしないでほしいなと思います。

 

それは結局は「聞こえない人に頑張りを強いる」ことにもなってしまうことがあるのです。

面倒くさいからと筆談せずに相手に口の読み取りを強いると、相手は頑張って口の形を読み取らなければなりません。

口の読み取りがどれだけしんどいかについてはまた別の記事で書きますが、「自分が楽だから」という理由で聞こえない人の要求を拒否すると、それ自体がもう歩み寄りにはならなくなってしまいますね。

また、関係が対等にならなくなってしまいます。

それはお互いにとって不本意ではないでしょうか?

 

ケースバイケースも大事

 

ただ、ケースバイケースも大事です。

 

例えば、聞こえない人から筆談を求められたり、または大きな声で会話することを求められたりしても、場合によっては

 

「ここは静かな場だから声を大きくして話すと周りに迷惑がかかる」

「指を痛めているから筆談が難しい」

 

などの理由で難しい場合もあると思います。

 

そういうときは、あらかじめ聞こえない人にその理由を話した上で、お互いにベストなコミュニケーション方法を二人で決められるようにできると良いなと思います。

 

まとめ:私自身が持つ疑問

と、ここまで色々と書きましたが。。。

 

それでもやはり、1つの疑問があります。

 

どうして、聞こえる人は素直に聞こえない人が困っている状況を見て、受け入れることができないんだろうと。

 

聞こえないと言っているのに、

「そんなこと言ったって聞こえてるんでしょ」

「しゃべれるんだから聞こえてるんじゃん」

と言ってしまうんだろうと。

 

先程も書いた「思い込み」もあると思うんですが、それでもやはり、なんだか腑に落ちないままです。

なんだかモヤモヤしたままですが、今回はこれで終わります。

 

いつか、これに対するスッキリした答えが見つかるといいな。