あなたに伝えたい、世の中を生きやすくするために

ひとりのろう者からあなたへ

ろう者として生まれて感じた社会の壁と合理的配慮とは

挨拶

はじめまして。 雪国で暮らしている「satousan24」と申します。

このブログを作った理由

私は生まれつき聴覚障害を持っています。  

そして何十年と生きてきましたが、その中で色々な困難にぶつかりました。

その中で耳が聞こえないことからくる「悔しかったこと」「悲しかったこと」「限界を感じたこと」など・・色々なことがありました。

でも、そこで悔しい、悲しいだけで終わるのではなく、「どうしてそうなっているのか」を考えていくこと、 

そして、おかしいことがあったらそれを周りに知ってもらうこと。

これが一番大事だといつも思っていました。

知ってもらうことからすべてが始まる

まさに、「知ってもらうこと」ここから社会を変えるスタートとなります。

知った上で「やっぱり私には興味ない」でも構いません。  

ただ、大事なことは、「知ってもらわないと何も始まらない」ということです。

不満を言うだけでなく建設的に考えていく

もちろん、私は皆さんと同じ人間ですから、時には不満を言いたくなることもあります。  

そして完璧な人間ではないのだから、このブログでも不満に終始している記事がどこかにあったりするかもしれません。

でも、すべてがそういう記事では読んでる方も疲れますよね。  

「だから何?」「何がしたいの?」と思う人もいるかもしれません。

なので、不満だけに終始しない、そして「こういう問題が実在する。では、これをどうしたら良くなると思うか」という提案もしていくことを心がけていく・・・

そうやって、みんなでともに考え、ともにアクションを起こしていけるブログにしていきたいと思っています。

最終的には社会を変えるブログでありたい

最終的には、このブログをもとに聴覚障害を持つ方々が抱えている様々な問題を皆に知っていただき、そして皆で改善していけるようにしたいと思います。  

そういうブログにしていきたいと思います。

そのためにこのブログを作りました。 みなさま応援よろしくお願いいたします。