あなたに伝えたい、世の中を生きやすくするために

ひとりのろう者からあなたへ

ろう者として生まれて感じた社会の壁と合理的配慮とは

レバレジーズ株式会社様に記事を紹介していただきました


スポンサーリンク

 

こんにちは。

最近、レバレジーズ株式会社というところに私の記事を紹介していただけたので、今回は私の方からレバレジーズ株式会社様の紹介をさせていただきたいと思います。

 

先ず今回、私が紹介して頂いたのはコチラの記事です。

 

tellyou.hateblo.jp

 

そしてこちらの記事を、レバレジーズ株式会社様はこのように紹介してくださいました。

 

https://efmlea.dm.files.1drv.com/y4mP8GgFMcZbYCl2l4bjc7gEO1pWPlpHWS6HRnCSpTcHgt4Z9B7fdmMOSoypIm3s0pl29x_FVUVVVyuvj0gkISuuW85F5cVtLk3LVvuwGx_GzCmNAVwcUFhsqPmCbUAKPtmazYC-cwT33gPKHU68Ka2Db72HQssTZfwURrlD_xCktRqtGY-44AfkE-wAHg9fyCE73KmIwPOMApQKzsAnOO7oQ?width=718&height=651&cropmode=none

https://job.kiracare.jp/note/article/4833/

 

ちなみに、この時は老人性難聴のことをテーマにした記事で、その中で私の記事を紹介してくださいました。

とてもありがたいことです!

 

それでは、お礼としてレバレジーズ株式会社様の紹介をさせていただきますね。

 レバレジーズ株式会社とは?

 渋谷ヒカリエを本社として、全国に20の支店を構える会社です。

他、海外ではベトナムにも支店を構えています。

leverages.jp

 

海外の方々からも好まれるようなデザインのサイトになっておりとてもカッコいいですね。

 

設立年度

2005年4月6日に設立されました。

そして最初はSES事業から始まったとのことです。

SES事業・・エンジニア派遣サービス事業

 

沿革

その後、2009年度「ベストベンチャー100」に認定されました。

そこからは色々と飛躍し、2011年5月に株式会社毎日新聞デジタルより「注目企業50社」のうちの1社に選出されています。

その後も更に2015年、厚生労働省認可「職業紹介優良事業者」に認定されています。

 

社長はどんな人? 

社長は岩槻智秀さんというお方です。

1980年生まれ、現38歳(2018年時点で)

「関係者全員の幸福を追求し、各個人の成長を促す」ということを理念とし2007年に起業しました。

 

学生時代

大学にちょうど入学したタイミングで父親が経営していた会社が傾き、それからは貧困生活を強いられました。

そして大学に行く暇もないほど昼夜問わず働いたそうです。

 

起業のきっかけ

この時に、「なぜ貧困は起こるのか?」「貧困をなくすにはどうしたらいいのか?」を考えたことが後々起業のきっかけにつながったそうです。

またもう一つ、年齢や性別に関係なく皆がお金に困らない社会を作る、そして皆が社会に役立つスキルをつけるように成長することができる会社を作ろう、と思ったのもこの大学時代の貧困生活が基盤となっているそうです。

 

その後、いくつもの就職活動をしましたが、やはり自分の想いを叶えるためには起業しかない、と思い、大学卒業後すぐ起業したそうです。

 

この詳しいことはこちらに書いてあるので、ぜひ読んでみてくださいね。

漫画形式なので読みやすいかと思います。

 

leverages.jp

https://efmmea.dm.files.1drv.com/y4muJT_PFcGcZGOPuyvcaQ-umn05ptB9KyAitr95r7UACdXEzAq2p8hkKaPe4CdIEAljqxR8RyM20rCLzR49s9f6yGMnsgLymeYTEONJmpUTfagJKia-WqVgjEht3wfO8pfu_4PhXO3edfJCX8OZP_SQ6wpUuhNUuqkP5lHBdnxzXcIoDB-fj_uUFaE3eb-ZWu5OEW-dEjr0ay989KdtBpWRw?width=654&height=475&cropmode=none

 

現在の業務内容

それでは最後に、レバレジーズ株式会社の今の業務内容の紹介をさせていただきますね。

基本は「人材紹介」がベースとなっているようです。

 

エンジニア向けサービス

例えば大手ベンチャー企業を中心に、その企業のプロジェクトが終了するまでの間企画・開発・構築・運用保守など幅広い分野で人材を提供するサービスを行なっています。

 

これにより、会社内で人材が足りない時でも有能な人材を派遣してもらい、プロジェクトを達成することも可能です。

(ただし派遣してもらったからといって必ず達成できるかはまた別で、それはその会社の状況にもよると思います)

 

医療業界向けサービス

この会社はエンジニアだけでなく、医療業界向けにもサービスを行なっておられます。

その大きな事業が「人材コンサルティング」です。

これは例えば国立病院機構から地域クリニックや介護施設など様々な事業所が抱えている「経営」「人材」の問題を解決に近づけていくサービスとのことです。

 

これは大変ありがたいサービスですね。

特に今は超高齢化社会に向かっていることもあり、今後は更なる看護師不足や病院内でのマネジメントなど様々な問題が出てくるでしょう。

そういう時に助かりそうです。

 

新規メディア開拓サービス

最後に、レバレジーズ株式会社様は新規メディア開拓にも取り組んでおられます。

例えば、第二新卒の就職支援やアパレル業界に特化した転職支援サービスなど・・・今後成長が見込まれる分野でのメディアを開拓しておられます。

 

ニーズはあるのに、サービスが存在しないというようなところにまで目をつけてどんどん事業を拡げていくところはすごいですね。

 

最後に

実は私、アパレル業界で働いていたことがあります。

その時に何かの流れでレバレジーズ株式会社の名前を聞いたことはありました。

しかしその時は特にこれといって何も思いませんでした。

その後、今回記事を紹介していただいたことで色々と調べてみたのですが、そのおかげでレバレジーズ株式会社様のことを詳しく知ることができました。

 

特に、起業当時からの事業の軸が「ブレない」ことに驚かされました。

大抵は起業してからは「利益を得るために」最初思っていた構想とは別のことをやりがちなこともあります。

そうしないと従業員に給料をお出しすることができないこともありますし。

しかしレバレジーズ株式会社様はわき目もふらず、これと思ったものだけをまっすぐにやってきた印象を受けました。

また、しっかりと利益も得る努力をしておられたところには感銘を受けました。

 

また、「お金に困らない社会を作る」「各々がスキルを身につけて成長していける環境を作る」という考え方は非常に私の考えてきたことと合っておりそこにも感銘を受けました。

 

特に聴覚障害、耳が聞こえない方々は周りに理解されにくい障害でもあります。

外見からでは分かってもらえないことも多いですし、また、コミュニケーションがうまくいかないことによる誤解も多く受けたり、逆に発音ができるために誤解されたり・・

色々と大変な障害でもあります。

これについては以下で紹介していますので、そちらも見て頂けると嬉しいです。

 

tellyou.hateblo.jp

 

 

tellyou.hateblo.jp

 

そしてこういうことが色々とあるからこそ、社会にうまく馴染めず結局引きこもりになってしまったり、また転職を繰り返したり・・という現象も多く起こっています。

 

また、聞こえないがためにスキルアップしたくてもスクールに通うこともままならないこともあります。

私もスキルアップしたくてスクールに通うことを考えていた時期がありましたが、どこのスクールも門前払いでした。

(今は色々と変わってきていますが)

これについてはこちらで書いています。

 

tellyou.hateblo.jp

 

そのため、以前から「きこえない人でもスキルアップできるように」「きこえない人も自力で収入を得ることができるように」したいという気持ちがありました。

なので、レバレジーズ株式会社の理念にはすごく共感しました。

 

本当にこういう考え方を持つ会社がもっと増えてほしいなと思います。

 

それでは今回はここまでです。

 

最後に、私の記事を取り上げていただき、ありがとうございました。