あなたに伝えたい、世の中を生きやすくするために

ひとりのろう者からあなたへ

ろう者として生まれて感じた社会の壁と合理的配慮とは

聞こえない人に話は通じてますか?

https://f4djnq.dm2302.livefilestore.com/y4mTaWr-sndpRyD1HhvrPwdvHFeMF97jQ6WTsXuUhg9C107T_Mku-bE3ipLS40syLQFL_exyPDknkjePL9O2EW-h7PndVhnLrkV9UaMJKICNXmygbtZOkNsdFLVJgUwNN9aweVKbwnkS2PmkhhSWgLOgIbg5BrouWU7x2Qvhl77XejUoAbIWg5Sc42dRzjXfoejOe3scSVMznKiDr9yNhEh8g?width=1200&height=630&cropmode=none

色々な方から相談をされる中で、疑問に思うことが・・。
特に会社・家族間の問題でこのような話を聞くことが多いです。
  

「会社の人(または家族)は私のことを分かってくれない。いつも、「何も知らないんだから」「何も分かってないんだから」と言う」
 

これに対して私はいつも疑問に思っています。
 

私を含め聞こえない人たちは「何も知らない」「何も分かってない」のではない。
あなたの話が私たちに通じてないだけなのです。
 
 
例えば、何も分かってないねとよく言われるパターンとしては、会社の中で一人がみんなに対して「おーい、〇〇が△△に変わったぞー」と言うパターン。
聞こえない人はそれが耳に届いてないために知らなくて、後になって「え、〇〇が△△に変わったの?」とビックリする。
そして上司や同僚から「何も分かってないんだねぇ」と呆れられる・・・
 

もう一つの例としては、こういうパターンが多いです。
 

これは私もよくあったのですが、家族(会社も含む)内で色々な人がおしゃべりしている時、聞こえる人はわざわざ聞かなくても自然と耳から情報が入ってきます。
家族間でも、会社の中でも。
 

でも聞こえない人は、【直接教えてもらわない限り】そういう情報が入ることはほぼ、ありません。
もちろん、自分から周りに聞いたりする努力はしますが、いつでもいつでも、というわけにはいきません。
 

それなのに、聞こえる人たちは「このくらいのことはみんな知っている(=きこえない人も知っているはず)」と思ってしまい、いざ、聞こえない人がそれを知らないとなると「えー!こんなことも知らないの?」「はぁーあなたって何も知らないんだねぇ」と言ってきます。
そして、そこから「何も知らない」=「きこえない人は何もできない」と思われてしまうことも多いです。
 

この2つのケースでの一番の問題点としては、【きこえる人は、皆に対して「話した」つもりになっている】こと、です。
 

その「皆」の中にきこえない人が入っている時。
聞こえない人は、聞こえる人の話を全て聞き取れるわけではありません。
また、手話通訳などの体制がない状態では余計に話を全て聞き取るのは難しいです。
 

なので、きこえる人から見たら「みんなに話したから(きこえない人も)分かってるはずだ」と思うけど、きこえない人から見たら「その話は聞いてない(筆談などの方法で直接話してもらってないから)」ということになるのです。
 

それなのに、きこえる人は「皆に話したから聞こえない人も分かってるはず」と思ってしまい、その上で聞こえない人から「それは聞いてないです」と言われたら「何で知らないんだ!俺は言ったはずだぞ!」と怒るパターンが非常に多いです。
 

こういう時は、皆に話した後改めてきこえない人に直接紙に書いて渡すなり、顔を見て直接話すなり・・・そういう確認をする心がけもしてほしいと思います。
そういうことがない限り、きこえない人に話が伝わることはないと思っていいでしょう。
 
 
そして残念ながら、これは会社の中だけでなく家族の中でも非常に多いです。。
 

悲しいことに、「家族だからこそ、聞こえない家族のことを理解している」とは言い切れないことがほとんどなのです(>_<)
むしろ、家族だからこそ「自分は(聞こえない家族のことを)分かっている」というおごり、甘えがあるのかもしれませんね・・・。
そしてこれは、家族全員が聞こえる+家族全員が手話をしていない(声だけで会話する)家庭に多い問題だと私は感じています。
(実際、今まで受けた相談の中でもこのパターンが多かったです)
 

また、話が通じてないのをきこえない人のせいにする人も多いですが、これも間違っています。
状況によりますが、聞こえない人に通じるように話をしなかったあなたの責任にもなることがあるのです。
 

例えば海外では、「話が通じなかったら、それはちゃんと伝わるように話をすることができなかった人の責任」という考え方がありますが、日本では逆に「話が通じなかったら、それは聞いていなかった人の責任」になってしまうので、ますますきこえない人のせいにされてしまうパターンが多いです。
 

そしてはっきり言って、聞こえない人のせいにするのは楽かもしれません。
でも、それは間違っていると言いたいです。
 
 
聞こえない人と向き合うこと。それはすなわち、筆談や身振り手振り、また手話を覚えるなどして面と向かってコミュニ―ションをする努力をすることでもあります。
できれば、一対一の方がスムーズです。
 

それを放棄されると悲しいですね。
 

あなたは、きこえない人と向き合っていますか?
その話は、きこえない人に通じていますか?
何も分かってないと思う前に、あなたは、きこえない人に分かるように話をする努力はしましたか?
 
 

・・・と、今日もまた相談を受けて思ったので、書いてみました。
長文だったけど、ここまで読んでくれてありがとうございました(^^)